審査に関わるクレヒスと発行枚数

クレヒスは持っているカードの枚数分が存在します。そしてそのカード全てのクレヒスが審査に関係してくるのです。

つまり、全く使っていないカードがあっても審査される材料となってしまうのです。

■使っていないカードがあれば要注意

数枚のカードを持っている方の中では、全く使っていないカードがあるということが多いです。このようなカードを持っていると、実は審査に悪い影響が出てくる場合があります。

使っていないだけなのだからいいように思えますが、この使っていないカードをいつまでも持ち続けている行為が自己管理がなっていないと見なされてしまうのです。

■多く持ちすぎろと管理が行き届かなくなりやすい

他の理由としては、多くのカードを持っていると単純に管理がしにくいから、そのような意味で自己管理がなっていないと思われてしまうこともあります。

自己管理がなっていないと思われることは、支払い期限が守られないかもしれないと思われていることと同じなので、見直しが肝心になってきます。

基本的にクレジットカード所有枚数は、メインが1枚サブが2、3枚が良いと言われています。これ以上を持っている方は、一度カードの使い方を見直し整理してみるといいでしょう。